FUN♡AGEが『ひょうご新調達認定制度』第13回認定商品に選ばれました

2018年3月1日

高齢に伴う身体の変化に優しく、

着る人のココロに優しい衣料「FUN♡AGE」

この度、「FUN♡AGE」が『ひょうご新調達認定制度』第13回認定商品に選ばれました。

第13回認定商品(認定期間:2018年3月1日~2021年2月28日)

      

 

『ひょうご新調達認定制度』とは

兵庫県では、地方自治法施行令及び同法施行規則の改正(平成16年~17年)により、随意契約を行うことができる場合として、「新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者として地方公共団体の長の認定を受けた者が新商品として生産する物品を買い入れるとき」が追加されたことを受け、平成18年度に「ひょうご新商品調達認定制度」を創設しました。(平成28年度から「新役務の提供」を対象に追加)

本制度は、県内の中小企業者による独創性豊かな新商品・新役務を県が「ひょうご新商品」として認定し、その商品等を県機関が必要に応じて購入、PRすることで、当該企業の信用力を高め、販路開拓を支援します。

平成29年12月16日〜17日 第37回日本看護科学学会学術集会に出展

2017年12月18日
12月16日(土)〜17日(日)に仙台市仙台国際センターにて行われました
『第37回日本看護科学学会学術集会』に出展いたしました。
当ブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にありがとうございました。
新しくなったメディトレくんのお披露目を始め、お問い合わせが増えつつある注トレくんなどご覧いただき、
たくさんのご来場者様からの貴重なご意見をいただきました。
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

平成29年11月20日〜22日 HOSPEX Japan2017に出展いたしました

2017年11月23日
11月20日(月)〜22日(水)に東京ビッグサイト東4〜6ホールにて行われました
『HOSPEX Japan2017』に出展いたしました。
当ブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にありがとうございました。
新しくなったメディトレくんのお披露目を始め、お問い合わせが増えつつある注トレくんなどご覧いただき、
たくさんのご来場者様からの貴重なご意見をいただきました。

HOSPEX Japan2017

期日:2017年11月20日(月)〜11月22日(水) 10:00〜17:00 ※20日のみ12:00〜18:00

開場:東京ビッグサイト東4〜6ホール

詳しくは「HOSPEX Japan2017」をご覧ください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2018年1月4日より「メディトレくんII」を新発売いたします

2017年11月15日

「メディトレくん」も販売開始から早4年となりました。

当初、介護職の皆様、ご家族、療養者様に安全・安楽・安心のご提供を目標とし、

お陰様で販売台数も2000台を目前のところまでに参りました。
開発当初、現在の実務者研修の制度が確立する前から、厚労省のご担当者様からもご意見を伺い、

喀痰吸引・経管栄養注入など5つの手技を1体でできるもので・・・と、介護の現場でお役に立てる普及価格商品の開発を行ってまいりました。

発売以降、メディトレくんの活用方法など現場のお声を直接お聴きする機会も増え、

当初の現場単位での必要性から、人材教育の為のツールとして活用方法が移り変わり、

その役割が変化してきているように感じております。

導入実績としても日本全国の研修施設、教育機関、大学や病院様などからも多くお声を頂けるようになりました。

そこでこの度、多くの皆様からのお声にお応えして、2018年1月4日より新製品「メディトレくんⅡ」を発売させて頂くことになりました。

新製品では現在の模擬的な胃瘻チューブから、現場に即した本物の胃瘻ボタンでの実習をご要望されるお声が多く、

それにお応えして医療用具である胃瘻ボタンに変更し、

より現実に則したシミュレータとして役割を重視し「メディトレくんⅡ」としてバージョンアップを致しました。

 

尚、新製品「メディトレくんⅡ」発売に伴い旧商品の販売は終了とさせて頂きます。
今後とも新製品「メディトレくんⅡ」のご活用を何卒よろしくお願い致します。

2018年1月4日(木) 「メディトレくんⅡ」販売開始 
販売価格 59,800円(税抜)

※尚、旧商品につきましては在庫限りとさせていただきますのでよろしくお願い致します。

喀痰吸引・経管栄養注入についてのお悩みごとは、「メディトレくん」一台でOK!

平成29年9月15日〜16日 日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に出展いたしました

2017年9月17日

9月15日(土)〜16日(日)に幕張メッセにて行われました
『日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会』に出展いたしました。
当ブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にありがとうございました。

医師、歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士
耳鼻咽喉科医師、医学部教官、看護師、看護教官など
大変多くの方に当ブースにお越しいただきさらに多くのご相談やご意見をいただきました。
本当にありがとうございます。
『主治医が見つかる診療所』にもご出演の西山耕一郎先生にもお立ち寄りいただき、
さまざまなお話をご教授いただきました。
さらに多くの方のお役にてたてますように尽力してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会

期日:2017年9月15日(土)〜9月16日(日)

開場:幕張メッセ

 

平成29年7月18日〜19日 高齢者住宅フェア2017に出展いたしました

2017年7月20日
7月18日(火)〜19日(水)に東京ビッグサイト東6ホールにて行われました
『高齢者住宅フェア2017』に出展いたしました。
当ブースにお立ち寄りくださいました皆様、本当にありがとうございました。
現場の切実な悩み、経営者の方の苦慮、そこで働く方々の情熱や創意工夫など
とても勉強になる出会いもございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

高齢者住宅フェア2017

期日:2017年7月18日(火)〜7月19日(水) 10:00〜17:00

開場:東京ビッグサイト東6ホール

詳しくは「高齢者住宅フェア2017」をご覧ください。

2017年6月28日発行の「高齢者住宅新聞」に掲載いただきました。

2017年7月3日

6月28 日発行の「高齢者住宅新聞」に『訪看ナース考案の機器 喀痰吸引研修、安価に』という記事を掲載いただきました。

当社で企画開発をおこないました喀痰吸引・経管栄養注入シミュレータ人形「メディトレくん」と

この春より新たに企画開発・販売を始めた高齢者向け衣料「FUN♡AGE」について、ご紹介をいただきました。

7月18日(火)、19日(水)に東京ビッグサイトでおこなわれます「高齢者住宅フェア」でも出展いたしますので、

ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

これからも在宅ケアの現場を支えていけるよう、

皆さまのお役に立つ製品やサービスをご提供し、必要な情報の配信を行っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

 

※記事については「(株)高齢者住宅新聞社」様のご許可を得て掲載しております。

喀痰吸引・経管栄養注入についてのお悩みごとは、「メディトレくん」一台でOK!

平成29年7月18日〜19日 高齢者住宅フェア2017に出展いたします

2017年6月30日
7月18日(火)〜19日(水)に東京ビッグサイト東6ホールにて行われます
『高齢者住宅フェア2017』に出展いたします。
展示会にご参加予定の皆さま、開場にお越しの際は、
ぜひ当ブースにもお立ち寄りください。

高齢者住宅フェア2017

期日:2017年7月18日(火)〜7月19日(水) 10:00〜17:00

開場:東京ビッグサイト東6ホール

詳しくは「高齢者住宅フェア2017」をご覧ください。

平成29年2月15日〜17日 第3回介護&看護EXPOに出展いたしました

2017年2月20日

インテックス大阪にて開催される「第3回介護&看護EXPO」に出展いたしました。

たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

「第3回介護&看護EXPO」とは
同時開催される病院イノベーション展、医療ITソリューション展、医療機器 開発・製造展、再生医療 産業化展、インターフェックス大阪との合計6展でおこなわれる日本では最大級といわれる医療総合展です。

喀痰吸引・経管栄養注入についてのお悩みごとは、「メディトレくん」一台でOK!

平成29年2月15日〜17日 第3回介護&看護EXPOに出展いたします

2017年2月1日

インテックス大阪にて開催される「第3回介護&看護EXPO」に出展いたします。

展示ホール4号館 22-46のブースにて、皆さまのお越しをお待ちしております。

なお、(株)ナースあいの新製品の展示も予定しておりますのでお楽しみに。

同時開催:病院イノベーション展、医療ITソリューション展、医療機器開発・製造展もおこなわれております。

「第3回介護&看護EXPO」とは
同時開催される病院イノベーション展、医療ITソリューション展、医療機器 開発・製造展、再生医療 産業化展、インターフェックス大阪との合計6展でおこなわれる日本では最大級といわれる医療総合展です。

喀痰吸引・経管栄養注入についてのお悩みごとは、「メディトレくん」一台でOK!

<<前のページ 次のページ >>